ル・コルビジェのユニテ・ダビタシオン(マルセイユ)

By | 2008/06/08

ニース近郊を一旦離れて、TGVでマルセイユへ。
 
20080608001.JPG
さんしゃるる駅。 
TGVカコイイ!(・∀・)
  
 
 
 
マルセイユでは、まず見たかったのがル・コルビジェのユニテ・ダビタシオンという、コルビジェが設計した集合住宅。
コルビジェといえばサヴォア邸も見てみたかったけど、あれはパリなので断念。
ユニテ・ダビタシオンって、固有名詞なのかと思いきや、フランス語で「住居の統一体」と「住居の単位」って意味とか。
現地では「コルビジェ」って言った方が通じるみたいで、バス停の名前も「Le Corbusier」でした。
  
2008060805.JPG
 
  
20080608002.JPG 
 
  
 
中にあるカフェからの風景。
近くには似たような建物がちらほら。
 
20008060800.JPG
 
 
廊下。色がカコイイ。 
20080608003.JPG
  
 
 
なぜか剣道の面。ナゾ。
200808060004.jpg
 
 
 
建築ってすごい力があるなぁと、つくづく思うのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です