クスコ→プーノ

By | 2007/06/11

マチュピチュの翌日はプラプラとクスコの観光。
さらに翌日はチチカカ湖畔の街、プーノに移動です。
クスコからプーノへ移動する方法は、鉄道かバスが一般的。
どちらも10時間近くかかります。
一番人気は、途中の色々な遺跡に立ち寄りながら移動する豪華バスのツアーだとか。
そういう現地ツアーは、だいたい市内の旅行代理店で手配することになるのですが、どうせなら日本語を話せる胡散臭いタクシードライバー・アントニオに、色々と良くしてもらったので、ここらで商売させてやるかと、そのバスツアーの手配をお願いすることにしました。
当日になり、アントニオが迎えに来てくれました。
「世話になったね、アントニオ!また会おう!」
「ハイ、マタアイマショウ!」
ここまでなら、よくある旅先の、良い一場面です。
しかし、アントニオ、ここで驚愕の一言。
「デハ、バス、イパーイダッタノデ、フクダサン、助手席座ッテ下サイ。眺メサイコーデスヨ!」
 
 
なぬー!! 
なんで、同じ料金なのに、助手席なんだよ!
 
 
もう、ゴネてやろうかと思いましたが、本当にバスは満席。
いくらゴネても、席は空かないだろうし、他のバスだってあるかどうかわかんないし、旅程が狂うよりよっぽどいいか。。。
と、自分を宥めて、助手席へ。
20070529_001.JPG
おおお。確かに眺めサイコーです。
こうして、助手席の旅が始まります。
イス倒せないので結構辛いのですが、道々、色んなところに立ち寄るので、まあ気は紛れます。
20070529_005.JPG
由緒ある壁らしいのですが、英語ガイドさんの英語がさっぱりわからず、ただの壁。
いや、言葉の壁か。
だれがうまいこと言えといった。
 
 
 
20070529_003.JPG
今回の旅行の最高到達点。4335m。
息苦しいっ。
 
20070529_002.JPG
ペルーのコーラと言えば、コカコーラじゃなくてインカコーラ。
大好物のインカコーラをのむリャマくんです。
 
  
 
そして、今になれば、黙ってバスに乗って本当に良かったと思うのが、お昼ゴハンの時に同席を願い出てくれた2人の旅行者との出会い。
声をかけてくれたのは、マサ&ヨランダの二人。
マサは1歳年上の某大手銀行社員。
日本に働きに来ているペルー人女性のヨランダと、東京のバーで恋に落ちたんだとか!
で、二人はリマにいるヨランダの両親に会いがてらペルー観光だって。
 
え~話やぁ~。 
 
彼らと楽しくオヒルを食べました。
そして、無事にプーノに到着!
さあ、その辺でゴハンたべて、ホテルで寝るか~、と思っていたら、マサ&ヨランダが、晩ご飯もご一緒にどうですかと言ってくれました。
プーノの街は、ちょっと物騒な感じがあったので、これは嬉しい申し出です。
 
 
当たり前だけど、ヨランダはスペイン語ペラペラなので、もうついて行くだけです。
入ったのは、これまたやはりペルー料理のレストラン。
でも、ここではインカな踊りをやっていました。
20070529_004.JPG
 
 
 
英語・スペイン語・日本語が入り乱れての会話でしたが、おかげさまでペルーの風習などを色々と教えて貰うことが出来ました!
いやー、本当に感謝!!
こういう出会いが旅の醍醐味だなーと思うのです。


13 thoughts on “クスコ→プーノ

  1. kei

    リャマってコーラ飲むんですか???
    衝撃です。表情うっとりしてるし!
    この写真CMにつかえそう。
    いい出会いがあってバスに乗って本当に
    よかったですね!

    Reply
  2. くまじゅん

    え?まだそちらにいる?回想?

    Reply
  3. あみーご

    まるで写真家さんのような数々のお写真。
    あたしの会社のデスクトップになっちゃってますよ♪
    いや~なんか、血が騒ぎます。
    あたしの生まれ故郷のような。。。(笑)
    アミーゴ!
    ちなみにこのネタは、フランスでも使います。
    フランス語でのamieは友達・親愛なるという意味。
    世界でネタになる名前に感謝!!!

    Reply
  4. mizuka

    スゴイ☆良い旅してるなあー(^^)
     っつーか、リャマにインカコーラって、
    やっぱリャマ君の体に悪いんぢゃね?笑
    でも、かなり”いい絵”やわー

    Reply
  5. あもん

    ほかの方もコメントしてるけど、いい絵多いねー。
    プロっぽい。

    Reply
  6. しーちゃん

    う、うらやましぃい~~!!
    私もこんな旅したいぃぃ~~~!!

    Reply
  7. ふく

    >keiさん
    ラブワゴンじゃなくても、良い出会いがありますねー。
    リャマは、1本あっという間に飲み干して、また次が欲しそうでした。さすがペルー人(?)!!
    >くまじゅん
    そうそう。いまデッキ掃除のバイトしながら船で帰ってるトコ。
    って、なんでやねん。w
    >あみーご!!
    へぇ~。フランス語、全然縁がないから初めて知ったー。発音されやすいって良いよねー。俺は名字も名前も外人に伝えるのが面倒です。(´・ω・`)
    >mizuka氏
    あいつ、バス来るたびに飲んでるんやろからなー。骨溶けるで。w
    >あもんさま
    いえいえ、ピンぼけしてるし、腕は全然ですよ。(´・ω・`)
    あもんさまも、一眼レフ買ってください。
    おまわりさんに買ってもらいましょう!!(・∀・)ニヤニヤ
    >しーちゃん
    やっぱお子さんいると難しいよねー。
    確かにぷらっと旅できるのは、貴重でありがたいな~と思うわ~

    Reply
  8. やまもと

    3枚目の写真みたいなとこでMTBに乗ってみたい。
    でも、乗ったらたぶんしぬんだろうな。
    標高4335m。

    Reply
  9. ふく

    >やまもと先生
    リアルで死んじゃうんジャマイカ。
    歩くのもゆっくり歩かないと危ないくらいだからね~。

    Reply
  10. 田舎侍

    すごい!!
    すごい!!
    ほんとうのたびとはこういうものですね。
    いってみたい!

    Reply
  11. ふく

    >田舎侍さま
    こんにちは。ぜひいってみてください!
    高地トレーニングになるかもしれません!(・∀・)

    Reply
  12. NANAO

    ふくさん、ご無沙汰してます。
    ちょっと忙しくて、なかなか遊びに来られなかったんですが、ペルー旅行記、一気に読ませていただきました♪すご~い、私も早く行きたい!いやぁ、、、信用できない警官・英語が通じない首都・・・まさにメヒコですなW。しかし、英語だけでなく日本語までとは凄すぎる!!頭がいい民族ですね、さすが。
    しかし、珍道中は無かったと書かれていましたが、私の目には今回も若干珍道中に見えるのは気のせい(笑)
    でもふくさんは、なぜかいつもいい人達にめぐり会うんですよね。持って生まれた何かなのでしょうか。
    助手席からの景色もサイコーですね。羨ましい。
    続き、、、ありますよね(笑)楽しみにしています。

    Reply
  13. ふく

    >NANAOさま
    こんばんは!
    いやいや、メヒコの警官は、皆さん親切でしたよ!
    たまたまかもしれませんが(・ω・;)
    ぺるー、ちょっとでもスペイン語できたら100倍楽しいと思いますよ。
    いやー、1年間何してたのやら。
    ぜひNANAOさんも行って下さい~!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です