マチュピチュ

By | 2007/05/20

クスコに着いたその日のうちに、アグアスカリエンテスという、マチュピチュの麓の村まで行こうと思い立ったので、ちょうど17時に待ち合わせをしていた日本語を話せるタクシードライバー・アントニオに言ってみたところ、「バスで行くと、20:30の電車に間に合わないかもしれないので、それならタクシーで行け」と言われました。
そんな、バスで2時間もかかるようなところに行ってくれるタクシーなんかあるのかと思いきや、アントニオが、その辺のタクシー捕まえて、交渉してくれました。なんと40ソル。日本円で1500円くらいです。100kmくらいあるので、さすがに安い! まあバスだと5ソルなんですが。
渡りに船なので、そのタクシーに乗り込んだところ、運転が荒い荒い!
だんだん日が暮れてきたし、人気のない道だし、怖いなぁ、と思っていたら、目的地にはもうちょっとあるはずなのに、変な脇道にそれるではないですか!
そして、いきなり車が止まり、知らない兄ちゃんが車に乗ってきました!
 
 
うおー。
身ぐるみはがれるー!!!
 
 
 
と、ちびりそうになってたら、運転手が言いました。
「あみーご・あみーご!」
 
 
こら!
仕事中に友達拾うなよ~。
あー、びっくりしたー。
 
 
何事もなかったように、助手席に、その友達が座り、また車は走り出しました。
そして無事に駅に着いたのは、19時。
もう真っ暗です。
ちょっと怖いかんじ。
20070520_001.JPG
 
 
30分も並んで、やっと電車のチケットをゲット。
ふー。なんで、電車のチケット発券するのに、一人5分もかかるんだ。
ここは、やはりクスコのワンチャック駅でチケット押さえてからくるべきでした。
さて、しばらくすると、電車が来て、 1時間ちょっと乗ると、アグアスカリエンテスに着きました。
とりあえずヘトヘトだったので、その辺の宿に入って、倒れ込むように眠りました。
 
 
翌朝は5:30起床。
さあ、こい、マチュピチュ!
と、宿を出ると
天気悪いんじゃ~!!!orz
もう、ひたすら霧がかかってます。
うーむ。これは・・・。
文句言っても行くしかありません。
 
 
麓からバスに乗って、マチュピチュへ向かいます。
 
バスはつづら折りの、通称ハイラム・ビンガム・ロードを20分くらい登り、入り口へ。
20070520002.JPG
 
 
 
いよいよ、念願のマチュピチュに入ります!
入って、ちょっと歩くと、なんか見えてきたー!
 
 
 
 
 
 
20070520_004.JPG
 
 
 
写真映えはしませんが、これ、現地に行くと、ものすごく幻想的です。
まさに霧の中に浮かび上がる天空の城といった風情。
 


段々畑つくりすぎ!w
20070520_011.JPG
 
 
 
 
向こうに見える超急峻な岳が、ワイナピチュ。
たまに落ちて死ぬ人もいるとか。
僕も、もちろん1時間かけて、死にそうになりながら登りました。
でも視界不良で、うっすらマチュピチュ見えるだけだったのが残念。
20070520_010.JPG
20070520_012.JPG
遺跡内には動物もいます。
 
20070520_006.JPG
 
20070520_005.JPG
 
雨が降り出したので、水路を水が流れ出しました。 
 
20070520_007.JPG
 
 
 
いやー、本当に、なんでこんなところに街をつくったのやら。。。
 
 
古代に思いを馳せるひとときでした。
 
 
  
 
マチュピチュさいこー!
 
また来たいなーと、心の底から思いつつ、遺跡を後にしました。


7 thoughts on “マチュピチュ

  1. kidokoro

    うーわーすごいですね!
    この景色が目の前に広がってたらどんな感じなのか…とちょっと想像してみました。
    動物たちがかわいいです。笑

    Reply
  2. mizuka

     キター!0(^▽^)0 マチュ!ピチュ!!
    いいなー。霧がでてるのも
    「スゴイぞ!ラピュタは本当にあったんだ!!」的な感じでステキやねー☆
    私もいつか行かないと~!

    Reply
  3. ハマティー

    ふくさんの写真を見てるだけで、
    涙でそーなくらいカンドーしました!!!!!
    素敵すぎです!
    行きたい!
    行きたーい!
    そして、ふくさんの行動力にもカンドーです!!!!!

    Reply
  4. 匿名

    仕事中にみて…
    息抜き~♪
    すごいすごいすごい~♪
    なんか写真家さんの写真みたい。

    Reply
  5. てー

    写真でも十分神秘的です!
    マチュピチュ、よく知らなかったのですが、行ってみたくなりました。

    Reply
  6. やまもと

    すごいなー。
    3枚目と5枚目が幻想的ですばらしい。
    こんなところだと、
    水は水路があるにせよ、食料調達も大変そうだね。
    Flickrとかでもっと写真見せてよ。

    Reply
  7. ふく

    >きーちゃん
    ずーっと、ぼけーっとしてたくなるよー。
    長く居ると色んな表情を見せてくれるんだろうなぁと思います。またいきてー。
    >mizuka氏
    もう絶対いつか行ってみてくれ!
    非観光地化するという伝説も根強くあります。
    外貨獲得源だから、それはないと思うんけど。。。
    >ハマティーさん
    いいですよー。いいですよー(・∀・)ニヤニヤ
    まあ、僕の場合は行動力というか、無鉄砲なだけですw
    >仕事さぼり中さま
    いやー、今回は去年より良い写真が少ないです。
    がくっ。
    >てーつんさん
    「行ってみたくなった」っていうのは、本当に嬉しい言葉ですねー。ステキなところなので、機会があればぜひ行ってください!
    >やまもと先生
    flickrであげたいのはやまやまなんだけど、なかなか時間が無くて、現像すら出せてません。とほほ。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です