眼鏡研究社

By | 2004/04/11

先日、「ドライアイがヒドい」と書いたのですが、その後眼科に行ったとき、
「君ぐらい目が悪いと、日常はコンタクトのほうが疲れないけど、パソコン仕事なら、仕事中だけは眼鏡にしていたほうがいいだろうねぇ」
と、お医者さんに言われました。
なんでもパソコンを見てる間はまばたきが減るので、眼鏡のほうが乾燥しないらしいです。
というわけで、眼鏡を買うべく、前から「今度、眼鏡を買うなら、絶対ココで買う」と決めていた、京都は新京極の「眼鏡研究社」に行って参りました。
ココの眼鏡、滝廉太郎チックな眼鏡が多く揃っていて、すっげー良い感じなんです。
しかもインタビューがかっこいい。
「うちは値切りません。自分が百パーセントの思い入れをもって、作り上げたものの価値は変わりません。」
くー。泣かせるねー。こうこなくっちゃね。まさに職人。
でもって、丸眼鏡を探したのですが、僕の目が離れすぎているのか、どーも似合わないので、細身の六角形の、ちょっと奇抜な感じの眼鏡にしました。
で、社長さんとおぼしき人に、フィッティングしてもらったのですが、どーも時間がかかる。
ふくだ 「??どーしたんですか??」
しゃちょー 「うーん、鼻が曲がってて、どうしても右鼻に負担がかかるね。あと耳の位置が低いからね。難しいねー。」
ふくだ 「・・・・・」
いやしかし、こういうところをズバっと言うところが職人っぽいじゃないの!気に入った!
というわけで、到着は水曜日。楽しみ~。
で、ついでなので、京都御所の一般公開にも行ってきました。
人多すぎ。
建物デカすぎ。
写真は紫宸殿ですが、ファインダーにおさまりまへんでした。
20040410.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です