歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」

By | 2004/03/28

あーっっっっ。悔しい。だまされたぁ~っ。O(><)o ジタバタ

昼はフィットネスクラブで体を鍛え、夜は女遊びに励む、探偵である主人公が、霊感商法絡みの殺人事件に巻き込まれ・・・というあらすじです。
筋を新聞の書評で読んで、「フィットネスクラブでちゃりんこ漕ぎながら読むには最適やん!」とおもって買ってきました。
「このミステリーがすごい」で1位。
「絶対だまされる」という前評判。
「けっ。そんな簡単にダマされるかよ」と思いながら読み出したはいいのですが、もののみごとにダマされました。
こりゃわからん。でもうまいわー。
これを読んで「俺は途中でわかったもんねー」って人、いるんでしょうか。
ダマされてみたい人ひと、そういうトリックを見抜くには自信があるぜって人にはオススメの一冊でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です