白石一文「見えないドアと鶴の空」

By | 2004/02/27

新刊が出たらだいたい買ってる白石一文。
不自由な心」や「僕のなかの壊れていない部分」といった作品でみられるように、人間のドロドロとした部分を真正面から描いきながら、愛や生の意味を問う作風が多いと思います。
最近では「一瞬の光」が文庫化されていて、こちらもなかなか読み応えのある本です。
僕が去年に好きになった作家の中の一人。
まあでも、かなり男の偏った立場が目立つので、なかなか女の子は受け付けないんだろうなー。
で、新刊「見えないドアと鶴の空」がでていたので早速買ったのですが、これが大失敗。
主人公が超能力を使い出したり、一貫して宗教めいた主張があったりして、宗教・超常現象・政治・マルチ商法への嫌悪感が強い僕には、全く受け付けられないものでした。
久しぶりに「ハズした~」って気分。
うーん、次は何を読もう・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です