鱧(はも)料理 浜久

By | 2005/07/26

旅行に行くつもりが、結局は睡魔に負けて二度寝してしまいました。
情けない。
家でぐーたらしてるのも悔しいので、宗右衛門町に鱧料理を食べに行きました。
浜久というお店で、去年従兄弟に教えてもらったところです。
鱧といえば、カスカスでホネホネと思ってました。
ここのは違います。
おいしい鱧って、本当にプリプリでモチモチなんですね~!
鱧も、ウナギやイクラやウニやカキと同じで、名前いっしょでもウマー(゚д゚)とマズー(゚д゚)の差が激しいみたいです。
コースはもちろん鱧づくしで、冷製スープに始まって、酢の物、刺身、炙り、はもしゃぶ。
最後は、めっちゃ良いダシのでた雑炊ですた。
(;´Д`)ハアハア
 
おいしかったー。
この夏にもう一回くらい行きたいなー。
 
ちなみにたらふく食べて呑んでも、ぐるなびクーポン使って一人9000円くらいでした。
実りの少ない合コン行くよりイイ!!(・∀・)
店は宗右衛門町なので、風俗店やらが多く、ちょっと周りの雰囲気が良くないのが残念。
せっかく良い感じの店の佇まいなのにもったいない。
新地に移転したらいいのに。
池波正太郎が好きそうなかんじ
帰りに久々にグリコに遭遇。
一粒300メートル
でもやっぱりミナミの雰囲気は馴染めないなあ。。。


5 thoughts on “鱧(はも)料理 浜久

  1. あゆみ嬢

    いいな~ハモ・・・
    スーパーで売ってるの、なんかおいしくないんだよね~
    なんかペチャっとしてて。
    連れてってもらえるよう、おねだりしてみよう
    しかし、1食9000円。バブリーやね~

    Reply
  2. TOMO

    私も南は苦手です。
    行く度になんだか事件があります。
    黒人さんに連れ去られそうになったり。。。
    怪しげな黒人さんでした。
    鱧か。。。
    ステキですね。
    ふくさんの記事みてたらおなかが空いてきましたー。

    Reply
  3. mai

    ハモ! 食べたことないです~。
    まず名前がカワイイですね。ハモハモハモ。
    本物のハモはカスカスのホネホネじゃなく、
    プリプリのモチモチ~♪なんですね。
    覚えておきます!(゜▽゜*)

    Reply
  4. kei

    魚が豊。
    ネプリーグで、確かtake2だと思いますが
    別の魚へんの漢字をひたすら「はも」って
    読んで間違い続けてました。
    彼にも美味しい思い出があったのでしょう…

    Reply
  5. ふく

    >あゆみ嬢
    スーパーの鱧とは、同じ名前の食物とは思えないよ。
    ぜひ行ってみて下さい。
    せっかく関西最後の夏なんだしw
    >TOMOさん
    そう。治安が悪げな感じが受け付けないんよねえ。
    景気もキタに比べると悪いです、と飛び込みしまくってる人が言ってました。
    >maiさん
    鱧って九州じゃあんまり見かけないですもんねー。
    最初にオイシイところで食べないと、「なーんだ、こんなもんかー」ってなっちゃうと思いますので、是非初めては名店で!
    >keiさん
    何の漢字と間違えてたかによって、恥ずかしい度が変わりますね。
    鰻とか鮪とかだとイタいですが、鰌や鱚なんかだとわからなくもない
    …なーんて言ってると漢字レベルがバレて墓穴掘りそうですね(--;)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です