「京都名庭を歩く」光文社新書

By | 2005/03/08

僕はお寺好きだけど、意味もわからずいいなー、と思ってみてるだけだったので。
例えば銀閣寺で山を登っていく事の意味。
曼殊院の手すりの高さと遠近法の関係。
龍安寺の石庭の作者の謎。
二条城が北に対して垂直を保てていない理由。
全部行ったことあるのに、知らないことだらけ。
いやいや、こういうのをわかっていくと、さらに面白いに決まってます。
日本史の知識があった方が良いと思うけど、高校日本史がおぼろげに残ってるぐらいで十分。
やー、秋は、さっぱり寺巡りできなかったので、春はお花でも観に行こう♪
願わくは、桜の下にて、春呑まん。
あれ、またお酒?
というわけで、昔から行きたい行きたいと思って止まない「桂離宮
インターネットで予約できるようになってるのを、この本で初めて知って、早速アクセスしてみたものの、春の土曜日はもちろんいっぱいでした。
次に、土曜日開くのは秋か・・・。
本当に縁がない。行きたいよ~。むずむず。


7 thoughts on “「京都名庭を歩く」光文社新書

  1. tame

    おおっ、なにやらよさげな本をお持ちで♪
    やはりお前も京都観光文化検定試験を受けるのだな。
    龍安寺の石庭の作者の謎が気になるぞ!!
    今度会ったとき教えなさい。
    桂離宮は相変わらず人気やのー。
    おれらが学生の時もだいたい1年待ちやったよなー。

    Reply
  2. ふく

    いやー、まさかそんな謎があるとは!
    (・∀・)ニヤニヤ
    桂離宮まじで行きたいな。
    ってか、tameは今のうちにいっといたらええねん。
    平日ならまだ開いてるで!

    Reply
  3. しの

    いいねー、この本!!
    京都好きの私には必要。
    早速、本屋さんに行きま~す。
    枚方市民になって約10ヶ月。
    こんなに京都に近いのに私的には
    あまり行けてないなぁ・・・
    宮内庁系はいいよね!
    何てったって無料だし
    ガイドさんの説明あるし。
    京都御所と修学院離宮なら行ったことあるので
    私も次は桂離宮or仙洞御所かな。
    毎日が日曜の主婦なので、
    平日に行こうっと♪
    神社仏閣、お花見スポット等オススメがあったら教えてね。
    ちなみに今まで行った中では宝泉院と詩仙堂が好き。

    Reply
  4. ふく

    僕は面白かったですよー。
    ちょっと歴史寄りなので、そのへんが苦手だとしんどいかもしんないですけど。
    しかし、しのピー、もう10ヶ月っすか!
    早いもんですねー!
    しかも修学院離宮まで攻めてるとは。すごい!
    では、あまりメジャーでない、一人歩きの京都コースをご紹介しましょう。
    行き先は、花園の妙心寺です。
    とにかくバカでかくって、タイムスリップした気分になります。
    中にある退蔵院の庭は、こぢんまりとしていて、おちつけますよ~。桜も綺麗です。水琴窟もあったり。
    夏なら法金剛院の蓮と合わせるも良しです。
    移動中の読書は、浅田次郎の「活動写真の女」がオススメです。後半1/4くらいは出町柳の進々堂に移動して、そこでラストまで読むと、かなり雰囲気出ます。

    Reply
  5. しの

    ありがとう!
    妙心寺以前チェックしてたんだけど
    忘れてたよ。水琴窟、いいね~。
    あと、進々堂も行ってみたかった。
    なんか京都情報ってTVや新聞、雑誌で
    たーくさん紹介されてるでしょ。
    気になる情報はチェックするんだけど
    すぐ忘れるんよね・・・
    暖かくなったし行動せねば。
    ちなみにお正月から4キロも太ったよ。
    春は京都を歩き回るぞ!!

    Reply
  6. あもん

    しのさんへ
    君の場合4キロ太ったくらいでは・・・
    さらに10キロ以上増えても標準より痩せてるんじゃないの?
    食べながら歩くことをお勧めします。
    だんなさんを歩きまわさせる事をお勧めます。(彼には食べさせずに)。

    Reply
  7. ふく

    >しのぴー
    暖かくなったとおもったら、今日はビックリするぐらい寒いですね。
    観光情報は、手帖につけないと忘れますよね。
    僕は行きたいお店があったら、電話番号でカーナビに登録します。って車があったときの話でしたorz
    >あもんさま
    食べながら歩くってw

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です