盛田 隆二 「夜の果てまで」

By | 2004/03/03


盛田隆二という作家も聞いたことがなかったのだけど、なんとなく手にとって、なんとなく買ってしまいました。
あらすじは北大の4回生が、近所のラーメン屋のすっげーきれいな後妻と恋に落ちて駆け落ちするというはなし。結末が先に提示され、そこへ至る経緯を追う形式になっています。
ちなみにこれまでの経験からすると、この本や、先にでた大崎善生の小説みたいな、ピュア系恋愛小説を連続して手に取るときっていうのは、たいてい精神状態が荒んでるときです。
逆に、新書や社会問題系に手を出すときと言うのは、外向きの力が余ってるときかな。
そう思うと、やっぱり疲れてるんやなー。
で、肝心な小説を読んだ感想として纏めるならば、いい話しなんだけど、あんまりにもひたむきで打算のない世界が、羨ましくも遠い世界のように感じたというのが難点。
あ、やっぱり荒んでるんだ。。。


One thought on “盛田 隆二 「夜の果てまで」

  1. 欲望の根

    かけぬける愛

    夜の果てまで盛田隆二
    盛田隆二の本は、映画やドラマになってそうだと思って、「盛田隆二、原作」で検索してみたけど、見つからなかった。
    特に、この本なんか、絶対映画になってそうなんだけどなぁ。
    どこまでもかけぬけていく愛。 それができるのは、果たして大人…

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です