Category Archives: 仕事

新しい携帯

By | 2005/01/25

僕たちの会社は、あまり表には出てこないのですが、携帯電話用のサイト制作を依頼されることもあります。
パソコン用のWebページも、機種やブラウザによって見え方が違ったり、最悪は動かなかったりするのですが、携帯の場合はもっとひどくて、DoCoMoとauでは違う言語を使う必要があるなど、どの携帯会社でも見れるページを作るってのは、結構手間のかかる仕事です。
(といいつつ、このフクログも、クロスブラウザでは無いのですが -_-;)
なので、そういう携帯用ページを作った場合、当然の事ながら、DoCoMoもvodafoneもauも、それぞれしっかり閲覧できるかどうか、実際の機種でチェックしなければいけません。
そのために、会社では、何台かの携帯を契約しています。
とはいえ、単純にテスト用に、普段使わない携帯を置いておくというのは、非常にもったいない事です。
だから僕は、テスト用に契約しているauを、個人用のDoCoMoとは別に、会社用として使っています。
名刺に刷っている携帯番号もそちらを使っています。
まあ、最近は内勤が忙しいので、あまりそちらの携帯が鳴ることも少なく、結構放置気味なのですが。
 
 
 
で、そんなあまり使わない、僕の会社用au携帯なのですが、QRコード(2次元バーコード)に対応していなかったため、本日買い替えることになりました。
 
ところが、機種変更を任せられたのは、僕が使ってるという事情を知らなかったN野嬢だったのが、悲劇の始まりだったのです!
 
 
「このテスト用携帯を、一番安くってQRコードに対応したauの携帯に機種変更してきてね」
それだけを伝えられたN野嬢。
 
 
数十分後、彼女は、確実に与えられた任務を果たしました。
機種変更を終えて、僕の手元にやってきた新しい携帯は、

続きを読む

忘年会

By | 2004/12/29

今日は仕事納め。
大掃除してから、ふぐ好で忘年会。
あ、写真とるん忘れてたあ~。
一年の「思い出深かった仕事」というのを、みんなに語ってもらったら、意外なところが出てきたりして、結構面白かった。
やはり、傍目に見てるのと本人が受け止めるのは、結構違うもんなんだなー。
僕は、仕事面でこの1年を振り返ってみると、会社としての基礎固めが、やっとできたなあという感慨があります。
やっと南森町の、あの狭くて臭かった事務所を移転できたことは本当に嬉しいなー。
人材的には、会社の方向性が固まってくるにつれ、個人のやりたいこととのズレが生じるのは仕方のなくて、残念ながらそのために、袂を分かたなければばならなくなった人もいました。
そのことは、非常に残念だったのだけど、全体的にはミスマッチが無くなったことで、非常に生産効率が高い組織体系になったと思います。
来年はこの場所で体制のうえで、さらに高い生産性を追求し、より高い技術の蓄積に励めば、もう一つ上のステージは見えてくるのではないかと思っています。
そのためには、この慢性的な人材不足を早急に解消することが、まず2005年の最優先事項だわ。
人探ししないと。
また来年の今頃には、今の事務所を、また「狭い」とか「臭い」とか、文句を言いたいもんですw
その前に、僕の家の下水が臭うのはなんとかしたいけど。
なんでパイプマンが効かんのやー。

横浜出張2日目

By | 2004/11/15

さて、本来の用事がある日曜日。
二日酔い気味の頭を抱えて、マンガ喫茶にはいり、「ブラックジャックによろしく」に熱中してました。
ちがうちがうっ。
本来の用事というのは、2月に僕たちの仲間になる、今は大手SIに勤務するイケメン天才プログラマーJIN先生との食事会。
I田と3人で、横浜で中華を食べながら呑むのです。
というわけで、3人で、横浜にあるデッカイ観覧車の近くで会いました。
桜木町というらしい。
まさやんが、「明け方の街、桜木町で♪」って歌ってるのはココだよ!(←関東弁で)
店は、薄暗くて雰囲気のある中華料理屋。
JINくんがよからぬ事にいつも使っているにちがいないと確信。
あいかわらずJINくんは、気の良いヤツで、気持ちよく呑んで、終電の新幹線で帰ってきたのでした。
I田は翌日に用事があるので、JIN家に宿泊。
彼らの一夜に何があったかは、本人たちしか知る由は無いのです。キャー。
それにしても、JINくんと、KRと俺の3人なら、かなり色々なことがすごいスピードで実現できるような気がするのです。
いやいや、2月が楽しみになってきますた。
jin-iwata.JPGjin-fuku.JPG

むがー

By | 2004/10/27

えーっと、正直なところ、かなり仕事が慌ただしい状態です。
10月になってから、叩いても叩いても終わらないモグラ叩きをしているようです。
でもってモグラは、加速度的に出現するタイミングを早め、凶悪になっている。
そんな気分。
「なんだこの状況は!」と暗澹たる気分にもなりますが、冷静に考えると、この状況は間違いなく、脱皮の苦しみでしょう。
ここで、これまでの仕事のプロセスを進化させることで、更なる成長が見えるはずです。
新しくやる気に満ちた同志と、来年に加わる同志とともに、来年の今頃、新しいステージに立てているかどうかは、ここが踏ん張りどころのように思います。
むがー。
がんばれ、ふくだー。
来年は、ウマー(゚д゚)連発やー!

生体認証

By | 2004/10/22

僕たちが新しく入ったビルには、施錠解錠に生体認証が採用されています。
生体認証というと、指紋や虹彩、顔面などいろいろとあるんだけど、ここで使われているのは血流認証という仕組みです。
yubi.jpg
指の血管模様を使って認証するらしいのですが、これが大変。
一部の人を、なかなか認識してくれないのです。
僕は殆ど失敗することが無く、まず1回で認証を通るのですが、I田は5回に1回くらいしかうまくいかず、RKに至っては、朝一番に会社に来て、中に入ろうと認証しようとしても、ぜんぜんうまくいかないので、結局他の人が来るまで待たないといけない、ってなくらい、うまくいかない。
原因は「低血圧じゃないか」とか、「日頃の行いじゃないか」とか、「いやいやセンスだろう」、なんて色々推測してるのですが、結局のところは良くわかりません。
僕は、普通に登録したときのフォームを再現できているかどうかだと思うんだけどなあ・・・。
ということで、老若男女誰でも使える生体認証というわけでは、ちょっと無さそうです。
まだまだ生体認証は、普及には時間がかかるのかもしれません。
でも、慣れるとこんなに便利なものはありません。
カードや鍵のように、忘れることもないし、財布ごと失くすとかってこともな・・・。
サイフ!?
ヽ(`Д´)ノウワァァン

事務所移転

By | 2004/09/14

何度かお話していましたが、土日を使って会社の事務所を移転しました。
2年間お世話になった、南森町八千代ビル南館の事務所ともお別れ。
nanmori1.jpg
南森町は実質8坪。そこに7人押し込んでたわけです。つまり一人1坪。
本当に狭かったなぁ。
トイレに行こうとしても、
「後ろ通るで、椅子ひいてやー。ごめーん。」
とか言いながら通らないといけなかったりして。
もう窓から見る南森町交差点の光景も、最後です。
目が疲れた~って言って、ここからぼけーっとしてたら、下の消防署員や町を歩く人に不審な顔で見られたりしたなあ。
nanmori2.jpg
今回は、2トントラックをレンタルして、運転も、積み出し・搬入も全部自分たちでやりました。ビジネスフォンの設定すらも。(^^;)
さすがに体中が筋肉痛。まだまだ鍛え方が足らないなぁ~。
新しい事務所はORIX堂島ビルというところです。
ORIX1.JPG
ジュンク堂のある堂島アバンザの向かい。
思えば2年前、社長のI田と「いっしょにやろうぜー」という話をしたのがアバンザ1階の喫茶店だったなー。
ビルは9月にできたばかりなので、まだガラガラ。
おっかしい。エレベーターや屋上で、運命の出会いがある予定だったのに。
まあ、ぼちぼち他のテナントさんも引っ越してくるらしいです。
事務所も片づけが終わって、やっと落ち着きました。
さすがに以前と比べると隔世の広さです。
room1.jpg
思えば2年前も、南森町の事務所を程よい大きさと感じました。
また暫くして、今回の事務所を「せっまいなぁ」と言えるよう、新たな場所で心機一転頑張っていこうと思います。
最後になりましたが、本当に多数の方々よりお祝いのお言葉、お花を頂戴しました。
別途お礼申し上げますが、この場でも感謝の気持ちを述べさせて下さい。
本当にありがとうございました。
hana1.jpg
hana2.JPG
とりあえずは北新地でいっぱい呑むぞー。
・・・って僕が言うと、あまり冗談にならないみたい(--;)

退社

By | 2004/08/31

今日は、弊社取締役のK上氏の退職にともなう送別会。
会場は天神橋2丁目「遠上」
もとは西天満にあった店らしい。うまかったー。
で、K上くん。
僕と彼は、ちょうど2年前の同じ時期に、今の会社に力を貸すことになり、以来、苦楽を共にしてきた同士でしたが、今月いっぱいで退職。
そのため、かねてから準備を進めおり、今日に至りました。
この2年間、寝食を共にしたという表現が、本当にふさわしいほど、同じ時間を過ごした仲間です。
今の仕事を始めたとき、2人で雑居ビルを飛び込んで回ったことや、深夜のガストで語ったこと、株の知識をたたき込んでもらったことなど、ホントに語り尽くせないほどの多くの記憶が蘇り、寂しい気持ちでいっぱい。
でも彼は、前職でもあった証券取引の世界に魅せられ、とうとう専業トレーダーになることを決意しました。
僕たちとしては、その決心を尊重し、応援してあげることしかできません。
ちなみに「専業トレーダー」という言葉に、ヤクザな商売だと蔑んだり、株でマネーだけを追求することに何の生きる意義を感じるのかという疑問を込めている人が、かなり多くいるようです。
でも、僕はそうは思いません。
仕事に社会的な意義を掲げて働く人も、ひたすら相場と向き合ってリターンを追求する人も、突き詰めれば、どちらも結局は自己満足。
自分がやりたい、楽しいと思うことを追求する姿勢に、一方が貴くてもう一方が賤しいなんてことは無いと思うのです。
本当に、心から応援しています。
餞別のマウスで無尽蔵の富を生み出せよ!!
あとさ、1000円を預けるから、1000万円にしてくれへんかなーw

東京出張

By | 2004/07/12

東京行ってきました。
なぜ休日に突然仕事で東京に行ったかというと、目的はズバリ「ヘッドハント」
某大手ソフト会社に勤める天才プログラマー「JIN」氏。
彼は、社長であるI田の学生時代の友人。
長いプロポーズの末、僕たちの仲間入りをしてくれることになっているのですが、なかなか現職のほうが忙しく、退職のタイミングがとれないご様子。
そこで、I田と僕で、少しでも早い合流を促しに行ったわけです。
要するに呑みに行ったということです。
ちなみに僕は初顔合わせ。
すこし早めに関東入りして、大学時代の友人と軽くお茶。
そして17時から、真打ち登場し、横浜中華街で酒盛り。
横浜駅に戻って、もう一回酒盛り。
いやいや、この業界って、怪しいヤツが多いので、ちょっと身構えてたんですが(たぶんお互い様だったんやね^^)、オトコマエでマッチョで愉快な男でした。
やいやい、楽しくなりそうやんけ!
退職、大変だと思うけど早く来いよ~!
で、23時に解散。
僕は石川町の友人宅に宿泊することになったので、電車で移動。
ちなみに、I田は「カプセルで寝る」といいながら、途中で力尽きて野宿し、靴を無くして裸足で大阪まで帰ったらしい。
尋常じゃない。普通はスリッパぐらい買うゾ(・ω・)
石川町の友人というのは、大学時代の親友の一人、O笠原。(伏せ字になってないな・・・)
さっそく石川町駅前のバーで飲み直し、記憶が怪しくなるまで呑み、サイフを忘れて店を出て、バーテンに追いかけられるという失態を演じました。
あぶねー。無くしたら帰れなくなるところだった(-_-;)
そんなわけで、急に言って泊めてくれてありがとう。
霞ヶ関の住人が住む男子寮は、H金属の独身寮と同じ雰囲気がしました。
やっぱり古い寮って、どこも似た感じなんだね。
で、次の日は、こちらもまた2年ぶりくらいの友人と丸ビルでゴハン
なんか都会人っぽいじゃん(←関東弁風)
オムレツ、ウマー!!(゚д゚)
食事後、ちょっと皇居前広場を散歩。
意味もなく、東京駅を撮ってみた。おのぼりさん丸出し。
tokyo.jpg
そして15時に新幹線で帰り、「東京ばなな」をもったまま18時からの飲み会に参加する。
帰りは終電ギリギリ。
もしかして俺ってアル中なんじゃなかろうか・・・。

誕生会

By | 2004/07/09

僕たちの会社では「誕生会」をする風習があります。
(気が向いたとき&覚えていたとき限定)
今月は、社長のI田の誕生日、そして株式会社に改組してちょうど一周年なので、宴会をすることにしたんですが、やっぱ普通にやったら面白くない。
そこで、4月に入社した新卒N野さんにミッションを与えました。
「大事な話があるので、今晩ちょっとお話しさせて下さい。会社ではちょっと・・・なので外で食事でもしながら・・・」
とI田にメールを送ってもらいました。
当然、「いい話じゃないな・・・」と思っていることでしょう。
そして、暗い表情をして、二人は出て行きます。
5分後、残った全員は、一斉に片づけを始め、タクシーに乗り込み居酒屋へ。
数分後、僕たちが先回りした居酒屋へ、思い詰めた表情の二人が・・・。
「おめでとー!」
ってな段取りでした。概ね成功。(^^)v
本当は「ドッキリカメラ」プラカードも作りたかったんだけどねー。
それにしても久しぶりにドッキリやったなー。
いやー、満足満足。
ドッキリは大学のアーチェリー部で良くやったような気がする。
あのときは逆ドッキリなんて高等技もあって、いつ嵌められるんだとビクビクしとったもんです。
そんなわけで、帰りに天神橋商店街で撮った一枚。
20040710.jpg